トップページ - [事業案内] 中井青果の多彩な流通網

中井青果の事業案内


中井青果の多彩な流通網

西日本最大級の卸売市場である「大阪市中央卸売市場本場」。その蔬菜部1号が中井青果株式会社です。
「仲卸業」は、卸売市場の開設者より許可を受け、卸売市場内で店舗を構えて仕入、販売を営む業者のこと。
卸売企業(荷受企業)様から相対取引やセリによって青果物を仕入れ、その仕入れた品物を販売店様へ販売します。
また、販売店様のニーズに応じて細かい単位への仕分加工(袋詰めなど)も行っています。

人の生活を根本的なところから支えている「食」に関係する業界は、消費者のニーズや世間の動向に左右されがちです。それだけ「売れる商品」の分析や判断が難しく、また消費者ニーズの変化にも柔軟に対応していかなければなりません。それと併せ「食」を取り扱う以上、安心・安全に最大限配慮した商品の安定供給が私たち青果仲卸企業の使命といえます。

様々な流通(販売)網を持つ中井青果

中井青果株式会社の役割は、青果物が生産されるところから食卓に並ぶまでの間に、様々な形で関わる企業様や店舗様を結ぶ、青果物流通の中継地点という重要なポジションを担っています。

販売先として主にお取引きいただいているのは、大手・中堅スーパー(量販店)様、地方の卸売市場様、同業の仲卸企業様といったように、様々な形態の企業様となります。

私たちと同じように青果物の流通を担う企業様においては、それぞれのお取引先様が確立されている流通網を経由し消費者へと商品が流通するため、広範囲にわたり商品をご提供していくことができます。また小売業を展開されているお取引先様においては、消費者と直接接点を持つことができるため、消費者と距離が近い環境に商品を流通させることができます。

より幅を広げる「BtoB」の流通網と、よりダイレクトなマーケティングが可能な「BtoC」の流通網、双方のお取引先様との密接な関係を保ちつつ、柔軟な販売体制が敷けることが商機拡大の強みになっています。

中井青果の販売流通網
中井青果の多彩な販売ルート図

Vege-table-ism―野菜が伝える、食卓の文化

青果流通の事業を通じて、中井青果が考えるのは、
食卓に満ち溢れる食文化の創造です。